0120-138-793

Webからの無料相談はこちら

疎遠な親族がいた家族信託のケース

お客様のご状況

津市に住むAさんのからのご相談です。

他事務所が既に入っており、費用・お見積りを出していたが、1年間進んでいなかったところ当事務所にご相談しにいらっしゃいました。

ご家族構成

・母(Aさん)

・長男、長女

・長男嫁、長男子供

ご資産の状況

・ご自宅(土地・建物)

・預貯金

ご相談内容・課題

お父さまは既に他界されていて、ご自身の認知症対策としてご相談しに来てくださいました。

お悩みは、不動産は息子に渡したいが、お金は息子・娘を均等にしたいが、長女(妹)に渡したいが疎遠になっているのでどうしようかと…ということでした。

一度、不動産会社とご訪問し、その後、単独でご訪問すると家族信託の手続きを決意してくださいました。

また、疎遠になっている娘さまには担当者が娘さんがいる大阪まで直接同伴させていただき、無事承諾を得ることができました。

さらに、公証役場(名古屋)までご家族の引率も行わせていただきました。

家族信託の設計

土地、建物(アパート等)を全て家族信託(債務控除を受けられるように連続型)いたしました。

また、将来、お金は協議して息子、娘で決めることになりましたが決まらなければ均等に分割することになりました。

・委託者:母

・第一受益者:母

・第一受託者:長男

・第二受益者:長男

今回は、当ステーション(ファミリアグループ)と提携をさせていただいている百五銀行様で信託口口座を開設し、金銭の分別管理を行うこととしました。

家族信託によって実現したこと

担当者の丁寧な対応によって、疎遠だった娘さんから承諾を得ることができました。それによって1年間も止まっていた家族信託が進み、無事に締結まですることができました。

認知症になるリスクを考えると1年間も停滞していたのはとても危ない状況だったかと思います。認知症になってしまえば信託契約を結ぶのはかなり難しくなってしまいますので、ご相談はお早めにするべきかと思います。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談