家族信託とは

「家族信託」という言葉をご存知でしょうか?

聞いたことがないという方も多くいらっしゃると思いますが、現在、相続対策、認知症対策や事業者の方の事業承継で最も有効とも言われる財産管理方法が「家族信託」です。
「信託」と言えば、「投資信託」を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、家族信託は、投資信託とは全く異なり、一部の資産家を対象とするものではなく、誰でもお使いいただけるとても身近な仕組みです。
特に、「高齢者や障碍をお持ちの方の財産管理」に有効だと言われています。

家族信託とは

自分(委託者)の財産(不動産・預貯金・有価証券...等)を、信頼できる家族や相手(受託者)に託し、特定の人(受益者)のために、あらかじめ定めた信託目的に従って、管理・処分・承継する財産管理手法です。

家族信託の重要用語

家族信託は、ある人の財産を、特定の利益を受ける人のために、信頼できる人に管理を託す方法です。そこで、これらの人たちを、「委託者」、「受託者」、「受益者」と呼びます。よく出てくる言葉ですので、おさえておきましょう。

・委託者:財産を持ち、託す人です。この人が、「財産をどのようにしたいか」で家族信託契約の内容が決まります。
・受託者:委託者の財産を託される人です。委託者の意向を反映させるために、実際に管理・処分を行っていくのが受託者です。
・受益者:委託者の財産による利益を受け取る人です。


資産活用・相続対策・事業継承にオススメ! 家族信託の活用事例集プレゼント
家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。 052-684-5248 Webからの無料相談はこちら
丸の内事務所
名古屋市中区錦一丁目3番18号
エターナル北山ビル7F
名駅事務所
名古屋市中村区名駅三丁目16番22号
名古屋ダイヤビルディング1号館8F
東京事務所
東京都渋谷区恵比寿南二丁目9番4号
安島ビルⅡ3F